GRUB2 custom.cfgでpuppyやDog系の起動

以上のフォーラム以外の利用者の話題

モデレータ: 暇人, YoN, nyu

返信する
Zstep
記事: 207
登録日時: 16/12/06(火) 12:49

GRUB2 custom.cfgでpuppyやDog系の起動

投稿記事 by Zstep »

インストール済みのDebianやUbuntuのGRUB2を利用してpuppyを起動する一手法

例)
sda1にDebianがインストールされていてそのGRUB2を用いて起動していて
sda2/lxpupscに 起動したいpuppyのファイルがある場合

/sda1/boot/grubにcustom.cfgファイルを作成し以下の内容を追記、保存

menuentry "lxpupsc"{
set root='(hd0,2)'
linux /lxpupsc/vmlinuz pmedia=atahd psubdir=lxpupsc pfix=fsck
initrd /lxpupsc/initrd.gz
}

再起動するとGRUB2のブートメニューにlxpupscが追加され起動できる

menuentryを追加などcustom.cfgを編集をすると次回起動時からブートメニューに反映される
(sda1のDebianなどを起動してupdate-grubを実行する必要がない)
custom.cfgの作成や編集はDebianからでもpuppyからでもできて、お手軽かなと

*UEFIは環境がないので試していません
*menuentryの追加はmenuentryから } まで
参考
https://wiki.gentoo.org/wiki/GRUB2/ja
アバター
タロ兵衛
記事: 739
登録日時: 08/07/08(火) 00:11
お住まい: よこはま
連絡する:

Re: GRUB2 custom.cfgでpuppyやDog系の起動

投稿記事 by タロ兵衛 »

UEFIでも動きましたよ(@BionicPup64)
対象のPCは、ベースがWindows10マシンで、Ubuntuでデュアルブート化させ、このときに入ったGRUB2で試しました
なお、セキュアブートとWindowsの高速起動は無効にする必要があります
添付ファイルを見るにはパーミッションが必要です
neo実験君こと次期メインマシン
Intel Core i5-8400 2.80GHz
xenialpup64 7.5+lang_pack_ja-xenial64e
アバター
シノバー
記事: 3138
登録日時: 09/03/21(土) 00:05
連絡する:

Re: GRUB2 custom.cfgでpuppyやDog系の起動

投稿記事 by シノバー »

その手があったのですね。UEFI固定のPCで重宝します。

frugalinstaller viewtopic.php?f=30&t=2701&p=20097#p20097 を使ってパピーをフルーガルインストールすると、/root/my-documents/tmp/menuentry.txt が作られます。
その中の grub2 用の記述がそっくり custom.cfg に使えます。
例えば次のような感じ。

コード: 全て選択

menuentry "bionicpup64 8.0 (sda5/bionicpup64)"{
  search --no-floppy --fs-uuid --set=root 5c5be8b1-e46c-4975-ae90-942af2d57fb6
  linux /bionicpup64/vmlinuz psubdir=bionicpup64
  initrd /bionicpup64/initrd.gz
}
The bar master, Shino's Bar
http://shinobar.net/
アバター
シノバー
記事: 3138
登録日時: 09/03/21(土) 00:05
連絡する:

Re: GRUB2 custom.cfgでpuppyやDog系の起動

投稿記事 by シノバー »

custom.cfg の書き方の例を「走れパピー」の記事に記載しました。ご参考まで。
http://shinobar.net/linux/puppy_ubuntu.html
The bar master, Shino's Bar
http://shinobar.net/
返信する