Grub2config

以上のフォーラム以外の開発者の話題

モデレータ: YoN, nyu

カラフル
記事: 22
登録日時: 20/09/30(水) 13:15

Re: Grub2config

投稿記事 by カラフル »

32bit環境で生成したものだと571JPも起動するけど
64bit環境で生成したものだと駄目なのかなって思ったけど、違ったようです

grub2 2.04 だと571JPは起動せず
grub2 2.02 だと571JPも起動するのようですね

32bitのUPupFF+D-20.12+8 (grub2 2.04)で生成した場合も571JP起動しませんでした
アバター
シノバー
記事: 3138
登録日時: 09/03/21(土) 00:05
連絡する:

Grub2config-2.0.1

投稿記事 by シノバー »

多少のバグ修正です。
#2021-08-20 v2.0.1: was missing nls, remove pdrv option, downgrade grub to 2.0.2

grub2config-2.0.1.pet
http://shinobar.server-on.net/puppy/opt
↑からダウンロードください。
日本語化は同じ所から grub2config_NLS-2.0.1_ja.pet
また frugalinstaller-2.2.petfrugalinstaller_NLS-2.2-ja.pet も同じ所から。
The bar master, Shino's Bar
http://shinobar.net/
HP55
記事: 38
登録日時: 18/10/02(火) 01:16

live USB作成で使ってみました

投稿記事 by HP55 »

Grub2config公開ありがとうございます

Grub2configを使ってlive USBを作成してみました
画像

Gpartedで先頭に fat32 512MB (boot esp) の領域を作成
残りを ext4 で作成

第2パーティション(ext4)に
dpupbuster64-8.0.0-uefi-RC-3.iso
MX-19.4.1_kde_x64.iso
の中身をコピー
grub2configでブートローダーを作成


MX-19.4 kde x64 をブートするため
grub.cfgに下記を書き込む
menuentry " MX-19.4 kde x64" {
search --no-floppy --set=root --fs-uuid d6a71bd5-7e26-405d-8ba4-6b9fbe510f6c
linux /MX-kde/antiX/vmlinuz quiet root=/dev/sdb2 bdir=/MX-kde/antiX lang=ja_JP tz=Asia/Tokyo persist_static
initrd /MX-kde/antiX/initrd.gz
}

UEFIブートオンリーの中華ノートパソコン CHUWI GemiBookで確認
画像

ノートパソコン CHUWI GemiBookのwifi,スピーカー,イヤホン,ブルートゥースのデバイスに対応するモジュール(ドライバー)が入っていない(と言うか 私には対応できない)ので 対策としてドングルレシーバー(TP-Link Bluetooth USBアダプタ,TP-Link WIFI 無線LAN 子機(TL-WN725N)),ブルートゥーススピーカーを使っています

chuwi gemibookのモニターは2160x1440
Puppy linuxを起動して まず気になったのがデスクトップの文字が小さい
それなりの大きさになるように"xrandrコマンド"で。。。。勉強になります
パピー君

余談 MX-19.4.1_kdeは GUIで調整できる
最後に編集したユーザー HP55 [ 21/08/28(土) 17:35 ], 累計 5 回
HP55
記事: 38
登録日時: 18/10/02(火) 01:16

個別の個人設定保存ファイルをダイレクトに読み込む

投稿記事 by HP55 »

Puppy LinuxwをUSBで利用するメリットの1つに異なる環境で利用できること
その個別の使用環境を永続的に維持する方法

画像

grub.cfg に Cheatcodes "psave"に個人設定保存ファイルを明記することで 個別の使用環境を永続的に維持できる
いくつかの個人設定保存ファイルを作成した場合に個別のファイルをダイレクトに読み込むことができる

menuentry 'Dpupbuster64 8.0.0 Seve file 01'{
search --no-floppy --set=root --fs-uuid d6a71bd5-7e26-405d-8ba4-6b9fbe510f6c
linux /dpupbuster64/vmlinuz psubdir=/dpupbuster64 pmedia=usbflash pfix=fsck psave=d6a71bd5-7e26-405d-8ba4-6b9fbe510f6c:/dpupbuster64/dpupbuster64_01-save
initrd /dpupbuster64/initrd.gz
}

ブートメニューで選択でききます

参考元;
viewtopic.php?f=12&t=3348
HP55
記事: 38
登録日時: 18/10/02(火) 01:16

インストールの際 きずきました

投稿記事 by HP55 »

インストールの際 きずきました
gconf.png
日本語翻訳ファイル grub2config.mo

75行 「イ」が欠如しています


"This entry is always shown regardless Windows are installed or not. "
"Recommended to keep the entry"

windowsがインストールされていないパソコンで使うのに項目を残せ とは
その真意を教えてほしい
添付ファイルを見るにはパーミッションが必要です
アバター
シノバー
記事: 3138
登録日時: 09/03/21(土) 00:05
連絡する:

Re: インストールの際 きずきました

投稿記事 by シノバー »

@HP55 さん、翻訳ミスのご指摘ありがとうございます。
HP55 さんが書きました: 21/09/01(水) 14:27 windowsがインストールされていないパソコンで使うのに項目を残せ とは
その真意を教えてほしい
USBメモリなどの場合、別のPCでWindowsがインストールされている場合に便利なことがあるという意味です。
MBRを壊したWindowsのレスキューに使ったことがある経験からです。
分かる人にはわかるので、あえてアドバイスする必要はなかったかもですね。
The bar master, Shino's Bar
http://shinobar.net/
返信する